東日本大震災で親を失った子供たちのための支援プロジェクト

東日本大震災孤児支援プロジェクト 足ながおにいちゃんプロジェクト

 ページトップ > 足ながおにいちゃんプロジェクト概要

足ながおにいちゃんプロジェクト発足背景と活動理念など

◎足ながおにいちゃんプロジェクトとは
2011年3月11日に発生した東日本大震災により親を失った子どもたちを、物質的かつ精神的に支援するプロジェクトです。
発起人であるシンガーソングライターの森本ケンタが中心となり、長期にわたり活動を続けるべく支援を呼びかけている。
国などからの補助金・助成金は受けず、すべて寄付金で運営。


◎発足の背景
発起人自身が小学3年生のときに阪神・淡路大震災を経験していることから、
震災経験者だからこそできることをサポートしていきたいとの想いから発足。
活動拠点である広島県の児童養護施設などを支援する活動を行ってきた経験を活かしていく。


◎理念と目的
チャリティーライブを開催しながら、瞬間的なものではなく長い期間で、物質的、精神的に子どもたちを支えていく。
また、チャリティーグッズを制作・販売して、プロジェクトの活動を広めるとともに支援金を集めていく。
子どもたちの心のケアをはかりながら、震災がなければ作られていくであろうものだった家族との想い出や時間を、
足ながおにいちゃんプロジェクトを通じて作りあげていく。


◎プロジェクト概要
プロジェクト名 : 足ながおにいちゃんプロジェクト
設立年月日 : 2011年4月1日
電子メール : ashinaga@morimotokenta.com
ホームページ : http://www.morimotokenta.com/ashinaga/index.html
代表 : 森本ケンタ



  足ながおにいちゃんプロジェクト足ながおにいちゃんプロジェクト

メール ashinaga@morimotokenta.com